タイヤの破裂事故

タイヤの破裂事故


稀に、タイヤが破裂する風圧で、人が亡くなる事故が起こるようですね・・・。
トラックのタイヤ1本で、人間一人が100m吹き飛ぶ風圧とも言われるそうです。
夏場の高温度でタイヤが熱されてくると、コードがはがれて破裂する事もあるそうで、また、不適切な空気圧も、タイヤの温度上昇に影響し、内部に悪影響を及ぼし、突然の破裂につながることもあるそうです。
そんな状況下で、タイヤの空気を入れたりするのは、かなり危険な行為と言えるかもしれませんね・・・。
非常に怖いです。
またスリップラインが出ているタイヤは走行上も危険なので速やかに激安のナンカンタイヤでもなんでも良いので交換しましょう。 動画サイトにて、タイヤに空気を入れ続けて破裂させる実験の映像がありました。
それを見ていると、乗用車の事故シミュレーションに使うような人形が、一瞬のうちに吹き飛んでいく映像となっていました。
ちなみに、動画に映っていた人たちは、作業着で、データを取りながらやっているようにも見えたので、どこかのメーカーの実験映像などではないかと思われます。
大型トラックが横に止まると、大きいサイズのタイヤの迫力に目が行く事もありますが、それが破裂するかも、と考えると、ぞっとするシチュエーションですね・・・。
タイヤを通販で買いたいのならこのサイト→http://www.casadelcamice.net/